新潟県立新発田病院

文字サイズ
普通
大きく

診療科のご案内

精神科

精神科とは

「こころの病」を診る診療科で、精神的な症状(落ち込み、不安、不眠、幻覚、妄想など)が対象となります。具体的には、うつ病や躁うつ病などの気分障害、統合失調症などの精神病性障害、パニック障害などの不安障害、心理的な原因から身体的症状を呈する身体表現性障害、睡眠障害、摂食障害などの精神疾患を診療しています。認知症に関してはその周辺症状としての精神的な症状(幻覚、妄想、抑うつなど)が対象となります。なお児童精神科医は在籍していないため、児童期の患者様には専門病院をお勧めしています。

特色

国の精神保健福祉の方針のひとつに“精神科医療の機能分化と質の向上”が掲げられています。県内で数少ない精神科入院施設のある総合病院として、“身体疾患の入院治療が必要であるが重篤な精神症状のために他の診療科での入院が困難な方の入院治療”、“他の診療科に入院中の方の精神症状への対応”を 他の診療科と連携して行っていくことが重要な役割となります。

その他、新発田地域の方を中心に精神疾患の外来診療・急性期入院治療、新潟県精神科救急医療システムへの協力、がん治療における緩和ケアチームへの参加、小規模の外来デイケアなどを、行っています。

スタッフ

大塚 道人 上馬塲 伸始 大竹 裕美
橋尻 洸陽    

外来診療担当医一覧」こちらをご覧ください。


診療科のご案内