新潟県立新発田病院

文字サイズ
普通
大きく

診療科のご案内

血液内科

特色

  1. 各種貧血、
  2. 白血病・骨髄異形成症候群や悪性リンパ腫・多発性骨髄腫などの造血器腫瘍、
  3. 特発性血小板減少性紫斑病や血友病などの出血性疾患、
  4. HIV診療をはじめとする免疫不全疾患等を担当しています。

この他に血球増多および減少、播種性血管内擬固症候群(DIC)、がん化学療法等に関して各診療科から相談を受けています。

血液疾患は目に見えない病気、入院患者は悪性疾患がかなりの割合を占めているため一般的には患者さんにとっては理解しにくいイメージがあると思います。症状をわかりやすく説明し、病状にあった最善の治療を快適に受けて頂けるようにスタッフ一同は心がけております。

垂直層流を利用した最新鋭の無菌室(2床)、大部屋のセミクリーンルーム(16床)を持っており、同種・自家を含めた造血幹細胞移植は勿論のこと、各種分子標的療法・化学療法・放射線科とタイアップした照射療法を行っています。治療に緻密な全身管理が必要なため、各診療科と連携しご協力をいただいて診療をすすめております。 また、当科ではセカンドオピニオンも受け付けておりますのでどうぞご利用ください。

スタッフ

野本 信彦 小林 弘典 上村 駿

外来診療担当医一覧」こちらをご覧ください。


診療科のご案内