新潟県立新発田病院

文字サイズ
普通
大きく

診療科のご案内

産婦人科

新発田病院産婦人科のページにようこそ。

新発田病院産婦人科は新潟県阿賀北地区の産科医療、婦人科医療を通じて地域に貢献できるよう
努力しています。


【重要】新型コロナウイルスの対応について4月27日より以下リンク先の対応となります。[当院で出産予定の妊婦さんへ]をご確認ください。

出産をする方々へ

自然分娩を大切にしています

新発田病院産婦人科では、分娩の経過は可能なかぎり自然にまかせています。安易な陣痛の誘発や促進は極力行いません。

陣痛を促進すれば分娩がすみやかに進むと考えられる場合、予定日を大幅にすぎても陣痛が発来しない場合にかぎり、慎重に陣痛の誘発、促進を行います。

※当院では無痛分娩は行っておりません

お母さんと赤ちゃんを大切にした出産をお手伝いいたします

新発田病院産婦人科では、お母さんが満足できる出産と育児をめざし、外来と病棟が連携してきめ細かい指導を行っています。安産教室のほか個別指導を行い、妊娠中の悩みや疑問にもお答えいたしております。どうぞ遠慮なく声をおかけください。

母乳栄養を推進しています

妊娠中の乳房・乳首のお手入れや、分娩後の授乳指導・乳房マッサージ等を通じて、“母乳栄養による育児”を推進しています。

夫立ち会い分娩を受け入れています

出産・育児は、お母さんだけの問題ではありません。お父さんの育児参加の第一歩として、夫立ち会い分娩を希望される方はお気軽に声をおかけください。立ち会い分娩は「一緒にお産をする」ということが目的です。ご夫妻でパンフレットの分娩経過について学習していただければ夫立ち会い分娩ができます。又出産の立ち会いはご家族(お子様は含みません)3人まで可能ですのでスタッフに声をおかけください。出産時の写真、動画撮影はご遠慮ください。

合併症や異常のある妊婦さんを受け入れています

総合病院の産婦人科であり、小児科・NICU(新生児集中治療室)の体制が充実しているという特徴を活かし、合併症や何らかの異常を持った妊婦さんを積極的に受け入れています。産婦人科は3人体制で、また必要な時は麻酔科、小児科、外科、内科など他科の協力も速やかに得られ、ほとんどの産科的異常、合併症に対応が可能です。

里帰り分娩について

【重要】新型コロナウイルスの対応について4月27日より以下リンク先の対応となります。
                 [当院で出産予定の妊婦さんへ]をご確認ください。

婦人科の病気(症状)を持たれた方々へ 子宮癌、卵巣癌の早期診断と治療に力を入れています

新発田病院産婦人科の医師は、婦人科領域の悪性腫瘍(癌)の早期診断と治療にも力を入れています。癌の治療は年々進歩していますが、進行した癌はやはり治療が大変です。一方、たとえ癌でも早期に見つかれば、比較的軽い治療で完全に治ります。万が一婦人科の癌にかかったとしても、早く見つけられるようにお手伝いするのが、私たちの重要な役割のひとつと考えています。患者さんが安心して医療を受けられるよう地域の産婦人科医からのご紹介を受け入れています。

腹腔鏡手術も積極的に行っています

子宮筋腫や良性卵巣腫瘍などの婦人科の良性疾患の治療についても経験が豊富です。特に、近年では身体への負担の少ない手術を目指し、腹腔鏡手術を積極的に行っています。子宮全摘術も腹腔鏡を用いることにより従来より傷の小さい手術が可能となっています。

安産教室のご案内


対象:妊娠28週〜34週の妊婦さん
日時 毎月第2・4金曜日 13:30〜15:30             ※当院で出産の方は原則参加願います。
内容
  • お産の進み方と呼吸法
  • 入院、お産の準備
  • 入院の時期、方法
  • お産の入院中の生活
  • 病棟案内

安産教室受講時の必要物品
  • 筆記用具
  • 母子手帳
  • 安産教室パンフレット

スタッフ

浅野 堅策 横尾 朋和 小川 裕太郎 安田 麻友

外来診療担当医一覧」こちらをご覧ください。


診療科のご案内